無料動画XXXVIDEO - HOMEへ

【閲覧注意】本当に怖い現実の話『責任・保険屋の彼氏の話』


検索対象ワードを記入

2chスレッド検索

【閲覧注意】本当に怖い現実の話『責任・保険屋の彼氏の話』

► 怖い話・都市伝説 ► 怖い話・都市伝説
1:本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 15:35:35 ID:/0ocjbBz0
幽霊ネタではなく現実の怖い話をするスレです
身近に潜む奇人、やばい仕事、業界裏話、犯罪、病気、等。
現実


5:本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 00:19:21 ID:k0LOrgsI0
英国ベッドフォードシャー州ルートンに住むティモシー・オドナヒューさん(56)は家で
大きな物音を立てないよう気をつけている。大きな音で家族のうち5人が死んでしまう
おそれがあるためだ。5人の家族は珍しい心臓の疾患にかかっており、目覚ましの音
や電話のベルでさえ命取りになりかねないのだ。

母親のマーガレットさん(46)は2年前に「家族性突然死症候群」(突然、脈が乱れて
立ち眩みや意識を失う発作が起こる遺伝性の病気:難病情報センターによる)で
あることが判明、娘のシニードさん(12)もプールで意識を失い死にかけ、幸運にも
監視員が止まっていた心臓を再鼓動させたことがある。その後の検査で彼女とティム君(13)、
セオナードさん(14)、メイアードさん(20)も家族性突然死症候群であることがわかった。
治療法はないが、薬でコントロールすることはできる。

「とても心配だよ。目覚まし時計の音で心臓が止まってしまうかもしれないんだ。」
とティモシーさんは語る
http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2006/02/post_6b37.html

難病情報センター:「家族性突然死症候群」
http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/010.htm




6:
本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 00:25:53 ID:SjQ63mg40
231 本当にあった怖い名無し sage 06/02/18 ID: Fy0lOFLp0
某製パンメーカーのミキサーで一人で作業中に
生地に手を巻き込まれてそのまま体も巻き込まれ
停止ボタンを押すものもいないので夜誰かが来るまでずっとまわり続けていた。
 

生地は血で赤く染まり骨は砕け発見時はもうばらばらだった。
この若い社員には身寄りがおばあさんしかいなかったが、
おばあさんが死ぬまで会社が面倒を見た。

ちなみに私が勤めていた会社の事であるが、
そのミキサーは現在でも使用され日々おいしいパンを

お客さんに提供している。


7: 本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 00:27:08 ID:SjQ63mg40
233 231 sage 06/02/18 ID: Fy0lOFLp0

私の町の話をしよう。
ダンボールなどの古紙を回収しそれを再生する為に
どろどろに溶かす工程を行う工場がある。
ある日夜勤のおじさんがダンボールをどろどろにする為の大きなミキサーを見回りに出た。

次の朝、交代で社員が探すが夜勤のおじさんがいない。
手分けして探したら例のミキサーの上に長靴が片方落ちていた、
もしやと思いミキサーを止め全部抜いてみると


そこには作業服の破片と骨の砕けたものが底にあった。
おじさんはミキサーで粉砕された、そして朝までの間の作業で
おじさんの一部はダンボールとなり
市場に出荷されていったのである。

以上2つの話は、本当の話場所も言えるし特定も出来る。



9:
本当にあった怖い名無し:2006/02/21(火) 00:51:28 ID:k0LOrgsI0
某自動車メーカーにも似たような話があるな



133:
本当にあった怖い名無し:2006/02/24(金) 15:21:05 ID:QdfiMryy0
今までに3~4人見たことがあるんだが 
左手甲の親指付け根辺りに
蒼い色で直径2mmの丸を三角形に三つ
ピラミッド型に刺青しているのは 何かのグループの
しるしなのかな? 
誰か知ってたらおしえてぴょん



164:
本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 01:21:34 ID:rsr9ErCl0
>>133
たぶん、タトゥーの試し彫りの後じゃまいか?
俺も含めて、友達みんな入ってるが何か?
でもなんであれやっちゅうんだろ?他の人はなんで三角にしたの?
教えて、エロい人!



169:
本当にあった怖い名無し:2006/02/26(日) 10:41:01 ID:/Qdo/QSg0
>>164
パッチテストみたいなもん?



212:
本当にあった怖い名無し:2006/02/28(火) 14:00:01 ID:IiNYEzPv0
>>133
チャイナ系マフィア・黒社会とかの構成員の印だった気がする。
青幇、紅幇とかそのへん?うろおぼえ
もしくはそれを模したDQN



672:
本当にあった怖い名無し:2006/05/03(水) 03:59:02 ID:gPHF3GoQO
友人と河原で落ち葉を焼いてマジで焼き芋出来るかの実験中に
ヘリが飛んできてうちらの上空で停止
どうやら観察されてるようだ

どこのヘリか確かめようと友人が車からエアガンのライフルを持ってきて
ライフルのスコープでヘリを覗いた瞬間ヘリは一目散に飛びさって行った
後日スーツ姿の人物が近所を聞きこみにきたらしい



673:
本当にあった怖い名無し:2006/05/03(水) 04:04:22 ID:bWQxK+5z0
>>672
わろす



862:
本当にあった怖い名無し:2006/05/27(土) 14:11:35 ID:J6Qtrg/70
>>672
焚き火をするとダイオキシンが
でるから環境庁が止めにきたのだと思う。

話には聞いていたが
本当に来るんだ。



6: 本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 21:27:31 ID:HaWi+R0gO
先輩から聞いた話

その日は暇でまだ12時だってのに客が一人しかいなかったそうだ。
その一人だけ居た常連の親父も財布が空になったらしくトイレに入って、
一声叫んで(負けた客が壁殴ったり叫んだりは良くある)帰ったらしい。


客もいなくなったんで「掃除でもしよう」かと思ってふと床をみると点々と赤い染みがついてる。
何気なくだどって行くとトイレの洗面台に…

血まみれの指が転がってる。
慌て社長に電話をし、程なくして社長が来ると平気な顔をして一言
「指忘れるなんて忘れっぽいヤツもいるな」

と社長はヒョイと指を摘んでゴミ箱に捨てたそうだ。


8:
本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 21:34:49 ID:HaWi+R0gO
後日談

どうやらその客は大分負けがこんでいたらしく、保険目当てだったらしい。
一週間ぐらいするとシレっとした顔で
「ビックリしたか?」
と言いながら遊びに来たそうだ。

…今もその親父はちょくちょく遊び来ていて、減った指から

バルタンのおっちゃん

と言うあだ名がついている。




7:
本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 21:33:29 ID:CWRfQQmC0
>>6
パチ屋?



9:
本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 21:38:37 ID:HaWi+R0gO
>>7
非合法なお店(/_<)



15:
本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 03:43:50 ID:3FY2zXMR0
私が今のアパートに引っ越してきて一年半。
水道代、電話代などの光熱費を隣の親父が払ってくれてる。
最初は怖かったが、もう今は慣れた。

ちなみにその親父とはきちんと会話したことがほとんどない、
(親父は挙動不審挙気味)すれ違う時に軽く挨拶するくらい。
ここ半年は部屋の前に野菜や米が置いてあることがある。

洋服や鞄がおいてあることもあった。
鞄は普通に使ってるけどまずいかな?



16:
本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 07:13:50 ID:Y20hzQzS0
>>15
その親父って全くの他人?
あんたが女だったらそうとうやばいな



29:
本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 23:45:09 ID:3EVgFQ/U0
>>15はもう既に一年半もその不気味な
援助にあぐらかいてるんだから、何されても文句は言えません。

まぁ、ネタならいいんだけどな。



33:
本当にあった怖い名無し:2006/07/11(火) 10:58:35 ID:0ZZJ4oeJ0
>>15
隣の親父はオマエの盗撮ビデオでバッチリ元取れてるから。



20:
15:2006/07/07(金) 00:34:26 ID:9CPSzCwF0
私は女で、親父はまったくの他人です。
最初は誰かが間違えて光熱費を払ってるのかと思ってた。
あるとき、うちのポストからその親父が明細を取ってるのを
目の当たりにして「それはうちのです」と言ったら、
「いいです、私が払います」と言っていた。

その時はさすがに気味悪いので私が払った。
が、それからもほとんど親父がポストから
勝手に明細をもって行き払ってる。
始めは気味悪かったので「やめてください」と抗議していたが
いつも「いいんですよ。」とか言ってた(あまり会話にならない)。

それ以外の手紙とかは持っていかないので、最近はそれが
当たり前のように思っている。
理由も聞いたことあるけど、挙動不審であんまり
意味分からない状態。

親父は40くらいの一人暮らし。
私の脳内補間では、キャバ嬢とかに貢ぐ気分か、
私くらいの娘がいて(もしくはいた)その子の代わりかと思っている。



21:
本当にあった怖い名無し:2006/07/07(金) 00:37:28 ID:+YZJOO160
そのうち代償を払う事になろう



434:
本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 15:06:21 ID:CNHOpqniO
小学校低学年の時
一人で駄菓子屋へチャリで行ったら
駄菓子屋行く途中のマンションのエレベーターホールで殺人現場見てしまい
唖然としてたら逃走する犯人と目が合ってしまった。

犯人はそのまま走って逃走。
急いで家に帰り一人で怯えてた。
で家からそのマンションが見えるからそーっと窓から覗いたら
警察 救急車 やらですっごい事になってた。

やべぇと思って親に言うと警察へ。
警察に何度か出向き、詳しく事件について聞き出された。
(多分目撃者私含めて2人だったから私みたいな小さな子でも有力な情報だったのかも)


それから何日かたって犯人の前(ついたてみたいなのはある)で貴方が人殺すとこ見ましたーみたいな事を証言しなければいけない場?みたいな所に連れて行かれて、見たままの事言った。
んで、犯人から私に質問タイムみたいなのがあって犯人に
「君は一緒のマンションに住んでるよね」
って言われた。

たしかに犯人は私のマンションの同じ階の隣りの隣りに住んでる人だった。
そこではうそは絶対言ってはいけないと聞かされてたから
冷や汗を流しながら正直に答えた。
なんで犯人は質問タイムでその質問しかしなかったのかと考えると
小学校の頃は夜眠れなくて一晩中泣いた。


長文&あんまり怖くなくてスマソ



435:
本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 16:32:23 ID:cnAPMZoQ0
>>434
ブルブル十分怖いです、警官が尋ねてくる室井滋の都市伝説思い出したよ
仕返しに来たりとかなかったですか?怖すぎです
今は入籍して違う名前&遠くに住んでると思いたい



436:
本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 19:19:04 ID:UAQtTcLAO
>>434
((((;゚д゚)))
ガクガクブルブル



439:
本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 20:11:55 ID:mYYOMvqY0
>>434
怖い。マジで怖い。



789:
本当にあった怖い名無し:2006/12/15(金) 02:02:39 ID:4RmOFnIy0
流れを見ず投下。

2年ほど前入院した時、同室だった人の話。
素晴らしいデブスで、かなり年上なんだろうなと思っていたら、2歳くらいしか
変わらなくてびびった。
その人は両足、膝上から下がなかった。
彼女の話すところによると…。

糖尿病と診断されたが、悪くなるなんて思っていなかった。
ある日、まだ幼い我が子をお風呂に入れていたら、何だか足が痛い。
見ると、両足が真っ黒だ。
足が痛くてたまらず、救急車で病院に運ばれた。
下された診断は「両足切断」、壊疽を起こしていた。
私はまさか自分が足を、それも両足一度になくすなんて思っていなかった。

まだ30代半ばの人でした。



796:
本当にあった怖い名無し:2006/12/15(金) 11:28:50 ID:YkkvJf450
>>789
真っ黒になるまでワカランかったのか?
そんなモンなのか?糖尿病って。。



797:
本当にあった怖い名無し:2006/12/15(金) 11:33:43 ID:816r6p/gO
>>796
そんなもんなんじゃね?



804:
本当にあった怖い名無し:2006/12/15(金) 12:41:06 ID:IxxuNDb70
>>797
いや、普段から足の痺れ感や感覚の鈍化、虫が這ってるような感覚、
などの自覚症状はあったはず、いきなりそれはない。
しかし「痛い」とかの感覚ではなく、感覚が鈍くなる方向なので、
無頓着で居るととかく気付き難いのは確か。

つーか、他にも尿に泡が出るとか、異様に腹が減るとか、
食後に眠たくなるなどの糖尿病特有の症状はあるし、
肥満とか、網膜に異常が現れ視界にゴミが見えるなどの
現象も現れることが多いから、早期発見は可能。

しかしそれらの症状が烈しい苦痛を伴うものではないので
ついナメて掛かり我慢し続けマンネリ化するんだな、
そしてついに重症化・激症化してやっと病院へ・・・・
というケースがひじょうに多いのです。




799:
本当にあった怖い名無し:2006/12/15(金) 12:16:25 ID:HwNB78Uj0
>>796
最近はあんまりそこまで放置する人は少なくなったけど、
麻痺してて痛みを感じないから、昔はよくあったらしい。
あと、失明原因の第一位は糖尿病。



844:
他板からのコピペ1/2:2006/12/25(月) 17:29:13 ID:2u5wQIkD0
責任
921 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 02:32:53

十数年ほど前に夫から又聞きしたコワイ話を思い出した。
新婚早々の転勤で夫の勤務する会社の工場がある地方都市に住んでいた頃。

夫のセクションの女子社員の一人がまーーーったく使えなかったらしい。
なにせ3桁の足し算がもうできないとか、ファイルの背表紙の漢字が読めない
とか、しまいには「硬貨を十枚づつセロテープでとめる」という仕事(!)を
任されていた、とか。。。

なんでそんな娘が入社できたかというと、『縁故』だそうな。
一応「名前だけ書ければ入れる」高校に入ったらしい。
そのまま卒業したようだ。

で、その娘は当時20才そこそこだったんだけど、ある日突然、その娘の親が
結婚退職のご挨拶の品を持って会社に挨拶に来そうな。
アレが寿で円満退社=>使える女子社員の補充(゚∀゚)キタコレって思いと同時に、
なんでアレが結婚できるんだ?と、ちょっと周りに探りを入れてみたら。

↓続く


845: 他板からのコピペ2/2:2006/12/25(月) 17:30:29 ID:2u5wQIkD0
922 :921:2006/12/25(月) 02:34:37
続き

・会社には婿探しの為に無理に押し込んだ<夫の会社は現地ではステイタス
・同年輩のライン勤務の男の子を半ば無理矢理家に誘って父親が酔い潰す
・目が覚めたら娘が横に!!!
・「責任をとれ!」等大騒ぎの末、男の子は二ヶ月後会社を辞めさせられた
 <娘父親の手が廻ったとか廻ってないとか。。。
・娘両親の「一人娘は手放せない」のゴリ押しで婿入りケテーイ
 >男の子専業農家後継者ケテーイ
・娘の家で飲まされた日から四ヶ月後には結婚式<デキ婚じゃないのに。。。

両親は娘に知的に問題があるのは幼少の頃からわかっていたらしい。
なので早くから本人が全く知らないところで婿探しに必死だったそうな。
小中で同窓の男の子達はみんな彼女のコトも親が必死なコトも知っていて、彼女に
は同情しつつ敬遠してたそうな。
で、親の焦りが頂点に達した時に他の町から就職してきた男の子が。。。

なんか横溝せいし(字がワカラン)の世界を垣間見た気がしたよ (((( ;゚Д゚)))

=======
(((( ;゚Д゚)))ガクブル



846:
本当にあった怖い名無し:2006/12/25(月) 20:00:18 ID:iHqlwk/y0
農家は怖い

本当に怖い



104:1/2:2005/11/12(土) 01:34:00 ID:OR17He/F0
夜中の2時くらいに突然のメール

「起きてるー?いま電話していい?」

何だろうと思いつつも、たまたま起きてたので「いいっすよ」と返事
するとすぐに電話がかかってきた

「いま○○(←テレビの番組)やってるけど見てた?」「ええ」
とか普段するような会話
普段から天然はいってる人だったので、
こんな常識外れな時間に電話してくることに何の疑問もいだかなかった


だが、しばらく話してたら、なんか普段と雰囲気がちがう事に気付いた

「先輩、なにかあったんですか…?」
「…」

しばらくの沈黙の後、嗚咽を漏らし始めた

話によると、なんでもレ●プされそうになったらしい
たまたま通りがかった人に助けられて警察に行って、
帰って布団に入ったところで恐怖がよみがえってきたとの事


その場は必死に慰めて、次の日はラクーアで甘いものをごちそうしたりして、
できる限りの心のケアをしてあげたいと思った



106: 2/2:2005/11/12(土) 01:48:55 ID:OR17He/F0
しかし俺の努力も空しく、先輩は日に日に痩せていって、ついには入院してしまった
お見舞いに行った時には、もう以前のような明るさもなく、悲しくなった
なんだか先輩が遠くへ行ってしまうきがして、
俺は「ずっと一緒にいますから、ずっと守りますから」なんてクサイせりふを泣きながら言った

先輩は「ありがとう」といって、俺の腕の中で泣いた


次の日、先輩は病院の屋上のフェンスを乗り越え…

後日、彼女の母親から彼女の残した遺書を渡された
家族に宛てたものの他に、もう一通、俺宛の遺書を残してくれていたらしい

遺書には、
俺が先輩に優しくしたことを、すごくありがたくおもったということ
いろいろ迷惑を掛けてごめんなさいということ
そして、
自分はほんとうはレ●プされてしまったということ

が書いてあった

そして、犯人の名前も書いてあった
俺と先輩の、共通の友人だった

俺は犯人がどうしてもゆるせなくて、本気で殺すつもりで、
包丁をバッグに忍ばせてそいつの家に押しかけた、が、留守だった


その晩、そいつはバイクで事故を起こし、死んだ

俺は、俺が殺人を犯さないために、先輩が自ら決着をつけたのだと信じてる



112:
本当にあった怖い名無し:2005/11/12(土) 17:12:36 ID:eF+3TlD40
>>106
ネタかもしれないけどお前が殺人犯にならなくてホントに良かった。



116:
本当にあった怖い名無し:2005/11/19(土) 22:38:05 ID:wAsxgpWKO
>>106
ひどい話だね(ノД`;)
私は処女の時にレ●プされたことあるけど普通に生きてるよ。
でもそれからしばらくは「私は何されても平気なんだ」って
自分に言い聞かせるために援交や愛人契約してた。

いい小遣い稼ぎになるし間違ったこととも思わなかったけど、今思うと…((((;゚Д゚))))

その後キャバを経てストリップに行き着きそこで自尊心を回復!
ストリップのお客さんはイイ人が多くて消えてた感情が戻り
自分のことを大切にしようと思えるようになった。


で人生をやり直そうと決意しストリップ引退し、整形して顔変えた。
そんなに顔変わってないけど多分昔のお客さんに出くわしても気づかれない程度にはなった。
これから頑張って生きようとは思うけど私に普通の仕事ができるかな…怖いよ~(;´ω`;)



119:
本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 00:24:56 ID:hqKzfOvZ0
>>116
色々と大変だったね。
応援してるよ。
人間は半年で全身の機能やら、血液が新しくなると言う話だから
やり直しができると思うよ
それにしても、レ●プ犯への制裁が軽すぎ



122:
本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 21:37:24 ID:oW4Ll1bb0
レ●プ犯まとめてチ●ポ切り落とし大会だな



123:
本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 23:14:53 ID:4m3CGEbRO
アメリカじゃ性犯罪者は住所氏名一般に晒されてるそうな。
酷い奴には出所後もGPS使用して逐一行動の監視、投薬で性欲消したりなんなり。
金は掛かるが、日本でもそれ位して良いと思うよ。
まあ、俺も男なんでギロチンコは見るだけでも勘弁だが…現行の罰則は軽いわな。



124:
本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 23:50:39 ID:EIn0PMv30
冤罪が怖くねーか
女がレ●プされたと言えばチンぎり



125:
本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 23:52:14 ID:10H1ZFFc0
やっぱあれじゃね?
ハムラビ法典
目には目を
レ●プにはレ●プを



126:
本当にあった怖い名無し:2005/11/20(日) 23:55:47 ID:UNbQ7IQH0
そこでムッシュムラムラなお兄さん達の登場ですよ



146:
本当にあった怖い名無し:2005/11/26(土) 01:41:14 ID:HzoOgH360
411 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/20(火) 17:33
幽霊じゃないけど3年前グアムにダイビングに行った時、
名古屋から来たダイバーからこんな話を聞いた。

その人が90年4月にインドネシアの小さな漁村で
1週間滞在して潜っていた時の事。

2日目の深夜、ゴオオオオオッ!!という爆音のようなもの
で目が覚めた。それは海の方から聞こえたそうだ。
その時空に光線のようなものがはしったそうだ。
雷にしてはおかしいのでジェット機でも墜落したんじゃ
ないだろうかと思いつつもすぐ眠ってしまった。


147: 本当にあった怖い名無し:2005/11/26(土) 01:43:30 ID:HzoOgH360
それから3日後、浜辺でビール飲んでいたら
砂浜の10メートルほど離れた所で原住民達の
人だかりが何やらけたたましく騒いでいる。

数人がかりで魚網を引き上げたばかりらしく、女子供も
群がっていたのだが、それにしてはただ事ではないらしい。
よほど大物でもかかったのかなと思い、彼も見に行った。

確かに大漁で、砂浜の上には沢山の魚が撒き散らされていた。
その中に3mはあるサメがかかっていた。
サメは既に死んでおり、腹が少し膨れていた。
子持ちザメかと思い覗きこんでゾッした。

切り裂かれたサメの腹から、身長150cm足らずの
子供の死体のようなものが内臓にまみれてはみ出していた。

胸から下はちぎれてなく、溶けかかっていたものの
それは明らかに人間の姿ではなかった。
   
        というか地球人ではなかった。

UFO番組なんかで良く見る異性人『グレイ』そっくりだった。

そしてサメの頭部にはバーナーで焼いたような
30cmほどの焼け焦げた傷があったそうだ。



219:
本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 21:02:54 ID:MwZQ7qLL0
一人暮らししてた頃の話。当方♂昔からあまり好きではない女の子から妙にもてた。
しかもストーカー系が多い。その中で最も怖かった話。

この手の人って男女に限らず自分の中でどんどん親密になっていくんだよね。
自分的には「え?俺らってそんな仲良かったっけ?」って思うような発言も多い。

当時付きまとわれてた人もそんな感じで、約束もしてないのに休日前に
「明日はどこ行く?」なんてメールが入ってきた。もちろん約束してないから
「遊べない。今ちょっと体調悪いし」と返した。(その時はほんとに風邪引いてた)

その後返事もなかったので、諦めてくれたかと思いきや次の日…
「ピンポーン」
朝っぱらからチャイムの音が…
とりあえずシカトしていたが、2度3度とチャイムが鳴る。

諦めて出ようと思ったが、とりあえず出る前に玄関の覗き穴から確認しようと
覗いてみたら真っ暗。明らかに指か何かで穴を押さえてる。
気持ち悪くなって、そのままシカトすることに決めたら携帯からメール着信音が…
「入れてよ…」

…身震いするほど怖かった。


220: 本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 21:03:28 ID:MwZQ7qLL0
同じ相手の別の話

仕事中に「今日ご飯食べに行こ」とメールが来た。
元々行く気はないが、その日は残業で忙しかったので、それを言い訳に断った。

仕事も終わり午前1時頃に帰宅したら、帰宅と同時に携帯のメールが…
「今日もお疲れ様。いつも見てるよ。」
ハッとして、ベランダから外を見てみると…
やつの車が動き始めるところでした…。



221:
本当にあった怖い名無し:2005/12/14(水) 23:01:15 ID:iKiq5z4Z0
>>220
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



245:
本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 12:49:44 ID:JpEJ2aOm0
学生の頃にファミレスでバイトをしていたんだけど、
ある日の午後におじさんが来店。

おじさんを案内しようと近づいたら、
いきなり「ウォーーーーーーッ」と叫んで、
持参した包丁を振りかざしながら客席を走り出した・・・

そのままキッチンへ入っていき、
グルッと一周したら、裏口から出て行った。

その間、1分程度・・・
誰にも被害はなかったけど、あれはなんだったんだろ??

一応、警察に届けたものの、
そのおじさんがらしき人が捕まったとは聞いてないなぁ。



246:
本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 13:00:58 ID:vaqDZ8hg0
>>245
完全に「あっちの世界」に逝っちゃった人だったのかもね。
そういう人の事件って、余程のことがない限り報道とかされないからな。

先日、スーパーで空中に向かってずーっと話しかけてる男性がいた。
相槌を打ったり身振り手振り交えたりしていて、彼の中では見えない相手
との会話は楽しく成り立っていたみたいだった。
他のお客さんたちは見て見ぬふりしてたようだけど、ちょっと怖かった。



249:
本当にあった怖い名無し:2005/12/16(金) 14:03:40 ID:7plFEu4MO
>>246
精神分裂症かなんかでもそうなるって聞いたけど…
避けちゃうよね、やっぱ



258:
本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 18:29:54 ID:tz1haPmB0
4年前の事、登校中に大手スーパーの駐車場に
全身黒いライダースーツ着て、黒いメットかぶった人が
綺麗な大の字で仰向けに寝ていた

見慣れない光景に遅刻していることも忘れそのまま5分間ぐらい擬視していた
動く気配がないので心配したけど怖くてそのまま学校行きました



259:
本当にあった怖い名無し:2005/12/17(土) 19:11:41 ID:mJkwZC2w0
それって・・・



308:
本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 21:50:29 ID:m8dYQM820
本当かどうかわからないけれど、人から聞いた話。
理容師や美容師やっている人は、肺に髪の毛が溜まるらしい。
それよりもヤバいのは、トリマーをやっている人で、
動物の毛が肺に溜まって、それで体を壊してしまう人がいるとの事。



310:
本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 22:28:56 ID:N4beyqYM0
>>308
そう言えば昔、学校の先生は肺にチョークの粉がたまると言う話を聞いたことがある。



311:
本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 23:39:59 ID:9sGmMqdx0
>>308
動物アレルギーって、動物のふけとか、
乾いた唾液が粉状になったものを吸って発症したりするから、
信憑性があって怖いな、その話。



312:
本当にあった怖い名無し:2005/12/28(水) 23:55:45 ID:G6ddNEhn0
すると中華料理のコックは肺に油がたまってるわけだな。



314:
本当にあった怖い名無し:2005/12/29(木) 00:31:37 ID:WLJaMyCd0
学校の先生をしていますが、X線検査はいつも良好ですよ。
先輩方にもそんな人はいねえ。



349:
本当にあった怖い名無し:2006/01/01(日) 22:23:04 ID:2HeC6L+P0
>>314
昔、厨房の頃だったかな、先生が「チョークの粉を吸い込む所為か
昔の先生は肺病になる事が多かった。職業病かな。
それが問題(?)になったんで今(当時)のチョークは
カルシウムで出来てるんだ」とおっしゃってました。
確かに箱には『成分:カルシウム』とありました。

カルシウムだったら肺に入っても無問題なんか、
その先生がホラ吹いたかどうかは分かんないけど。



375: 本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 03:40:50 ID:Zu5kTU9F0
かみさんの友達の主婦に起こった悲劇。
その主婦が事の一部始終をかみさんに話を出来るようになり
やっと、立ち直るきっかけをみつけたらしい。
1人悩むのがあまりにもつら過ぎたんだろう。

その主婦はある日
ママチャリの子供用シートの前と後に子供二人を乗せて
買い物した物を自転車のカゴに入れて、ガードレールの無い
狭い段付き歩道を走っていたそうです。
すると、前方の商店前に商品(?)が歩道に大きくはみ出していたので
自転車を降りて手押しをして通ろうとして商品のところにさしかかった時
バランスを崩してしてしまい、子供の乗った自転車を車道側に傾けてしまいました。
そして、重さに耐えきれずに3人とも車道に転倒してしまいました。

後ろに載せていた子供はすぐに立ち上がりました。
前に乗せていた小さい子供は仰向けに転がり泣いて起きあがれませんでした。
その主婦が慌てて起きあがり小さい子供を起こそうと近寄った時
小さい子供の顔の上をトラックが通過・・・
車道には駐車車両があったらしくトラック運転手からは
良く見えなかったらしいです。

主婦は現実に何が起こったのか解らずそのままフリーズ。
助かった子供がお母さんに
「おかあさん!○○ちゃんのお顔がおかしくなっちゃったから
 おいしゃさんにつれてって、なおしてあげないと・・・」と・・・

話を聞いただけで絶句してしまいました。
本人は当然、発狂したようです。



377:
本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 05:58:42 ID:wG9uJxoD0
>>375
トラックは怖いな・・・



378:
本当にあった怖い名無し:2006/01/08(日) 06:11:20 ID:bBCpaUL60
>>375
気分悪くなる話だな・・・



719:
本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 09:19:49 ID:jkBOdhjf0
数年前に遭遇したこと。

当時、美容部員として化粧品メーカーに勤務していて
某ドラッグストアに専属で派遣されていた。

ある日、化粧品コーナーのカウンターでカルテを記入したりしていたら
店長が「今、変わったお客さんがきてさ~」と話しかけてきた。
話を聞くと、その男性のお客さんはしばらく店内をうろついていたが
目当てのものを見つけることができずに、店長に話しかけた。

お客「すみません、あのなんて名前かわからないんですけど…
   拳銃を包む紙ってここにありますか?」
店長「油紙のことですかね?ありますよ」

店長は「名前がわからないからって、拳銃を包む紙って例えがすごいよなw」と、
その日のうちに全従業員に話しまくって笑っていた。

二日後、警察がやってきた。
警察「昨日、銃刀法違反で捕まった人間がここで油紙を購入したと言ってまして。
   この男で間違いありませんか?」
写真を見せられ、うなずく店長は少しひきつってました。



722:
627:2006/02/08(水) 10:20:17 ID:ih3Nov2Y0
>>719
油紙って、油取り紙のこと?
あんなちっこいので拳銃包めるの?



724:
本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 10:43:13 ID:jkBOdhjf0
>>722
油紙ですよ、油取り紙じゃありませんよ…。
茶色っぽい紙です。



728:
本当にあった怖い名無し:2006/02/08(水) 12:31:51 ID:kvwChg150
>>724の言う通り湿気を防ぐために油紙で包む。
別に拳銃でなくても鉄製の工具とか部品とかも油に漬けたり、
油紙に包んでおく。



354: 本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 21:24:11 ID:oprsGOIN0
保険屋の彼氏
保険屋の彼氏がいたときの話

保険屋の仕事って、保険の契約を取るだけではなく、事故が起こったら
現場の状況確認に行ったりしていた。
だから私にも話せないくらいグロイ状況などもあったらしい。
だからある程度の死体なら見慣れたし、怖くないと言っていた。
霊感も無いから恐ろしいところに住んでいても平気だったしね。

そんな彼が仕事から帰って来るといきなり抱きついた。
「今日ちょっといやな事があったんだ」と話はじめたんだ。


355: 本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 21:24:44 ID:oprsGOIN0
仕事が終わって車で帰宅していたら、対向車線で事故が起きた。
赤信号なのに凄いスピードで突っ込んできて、人を跳ねたのだ。
彼氏は正義感か仕事柄か車を止めて、事故処理をはじめたのだが。
(と、言っても警察と救急車を呼べとかの指示やらとか)

轢いた人はすいぶん先で停車しているのに車から降りてこなかったんだ。
本当なら轢いた人が事故の対処をしないといけないのに。
で、きっと動転しているんだろうと思って彼氏はその車に駆け寄ったんだ。
「自分のやった事を見ろ」とか「事故の処理をしろ」とか言いに。

彼の思ったとおり、運転者はハンドルを持ったままうなだれていた。
よく事故を起こした人は自己嫌悪に陥って、号泣していたりするので
(泣いているのかな?)と思ったそうだ。

とりあえず窓をドンドンと叩き、窓を開けるようにジェスチャーをした。
理解したのか運転していた男は窓を開けた。
男の顔は涙と鼻水でグチャグチャになっていたらしい。
彼氏はそこで一喝しようと「車を降りなさい」と話かけたんだって。

「まだ轢かれた人は息があるから、警察が来たら…」と話していると
男は彼の話をさえぎってこう言ったのだ。「魔人ブゥが…」
(※魔人ブゥとは某龍玉の登場人物)


356: 本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 21:25:50 ID:oprsGOIN0
そして男は「魔人ブゥが追いかけて来たんだ。まだい…」とか言いながら
凄い勢いでバックして、道の端に移動した負傷者を轢いたそうな。
そしてそれが致命傷となったのか、轢かれた人は死亡。
その場に警官も着いていたのだが、車の整理や目撃者に話を聞き始めた
矢先の出来事だったそうな。

翌日その事件が新聞に載ったんだけど、男は薬物乱用だったとの事。
彼氏は、自分さえ被害者が生きてると言わなければ…。
との自責の念からか半年くらいインポになりました。 終わり。



357:
本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 22:27:16 ID:oprsGOIN0
誰もいないので保険屋の彼氏の先輩の話。

保険屋は事故現場に行って作業する事があるんだ。
だから移動手段は車だし、運転は超気を付けているんだよね。
自分が事故っちゃ洒落にならないからってね。

そんな彼氏の先輩が事故に合ったんだ。連続三回くらい。
霊的なものは信じていない彼氏もヤバイと思ったのか
「一度お払いに行った方がいいですよ~」って話をしたらしい。
で、先輩は美人な奥さんとの間に子供が出来たばっかりで
「そんな縁起でも無い事は言うなよ」って感じで流されたんだって。


358: 本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 22:27:47 ID:oprsGOIN0
それからしばらくして彼氏が先輩に呼び出されて飲みに行ったんだ。
飲み始めは仕事の話なんかをしていたんだけど、急に先輩が泣きながら
奥さんにガンが発見されて、もって後1~2年だって言われたらしい。

家にいて奥さんの顔を見ると辛くなってしまう事などを話されたって。
慰めの言葉も見つからなかったって泣きながら彼は話してくれた。

それからしばらくしての年始。
私と彼は一緒に出かける予定だったのに、キャンセルされた。
理由は帰って来たら話すよって言われて。
でも結局彼が帰って来てからも理由は言わなかった。。。


359: 本当にあった怖い名無し:2006/01/04(水) 22:28:44 ID:oprsGOIN0
彼が後から教えてくれた話になるんだけど。
年末に奥さんが「最後の年越しは家族でしたい」って言って
静かに家族三人の年末を楽しんでいたらしい。

が、その時に食べた物が悪くて先輩と奥さんは食中毒を起こした。
入院生活で弱っていた奥さんは特にひどくって、救急車のストレッチャーに
固定され、比較的症状の軽かった先輩は普通に座って乗ったらしい。
そしてその救急車は、事故を起こしてしまった。

ストレッチャーに固定されていた奥さんは、鞭打ちで済んだのだが
横に座っていただけの先輩は車から投げ出されて打ち所が悪くて
そのまま即死してしまった…。

私がキャンセルされた日は先輩の葬式だったのだが、
その時の光景があまりにもひどくてすぐには話す気になれなかったらしい。

葬式では余命わずかな奥さんが、まだ乳飲み子を抱きながら
「なんで私じゃなかったの!この子はどうなるの!」と
泣き叫んでいた光景がしばらく頭を離れなかったからって。



360:
本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 00:46:14 ID:G1HRPSSO0
言葉が出ないよ…



361:
本当にあった怖い名無し:2006/01/05(木) 00:51:41 ID:UOe7wgB30
保険屋の彼氏さんの話
どちらも悲しすぎる。・゚・(ノД`)・゚・。
なんか、こう、やるせない気持ちになった。



363
本当にあった怖い名無し2006/01/05(木) 10:37:49 ID:Egjf18+F0
その赤ちゃんの今後を考えると
奥さんも後ろ髪引かれて死ぬに死ねないじゃん・・・

余命僅かで残された時間は家族に見守られて
心静かに過ごしたかっただろうにこんな悲劇 ちょっとあんまりじゃん!
やりきれない話だなぁ・・・





ただ今オススメの人気動画 ► アダルト動画
ただ今オススメの人気動画 ► 一般動画

酒井若菜

芸能・アイドル・グラビア