無料動画XXXVIDEO - HOMEへ

達磨


検索対象ワードを記入

2chスレッド検索

達磨

► 怖い話・都市伝説 ► 怖い話・都市伝説
36歳 年女です。

名前は沙織と言います。

ワケあって、今は母の知り合いが住んでいる田舎で養生しています。

皆、良い人ばかりですよ。

二年くらい前まで、私はある男の人と同棲していました。(監禁されていました)

暴力に耐えながらの、地獄のような日々でした。

そんな私を、高校生の頃気になっていた人が、助けてくれたんです。

卒業以来、まったく会っていなかったのにですよ?

信じられますか?こんなことって。

私は、その時わかったんです。

『あぁ、私には、この人しか居ないんだな・・』って。

その人は、別れ際に言いました。

『・・・四年、待って下さい。 四年待つことが出来なら、その時はお互い一緒になろう。』

あれから二年が経ちました。

一人で寂しく、私は生きています。

でも、平気。

あと二年したら、あの人と一緒になれるんだから。

その日の事を考えたら、今の虚無感なんて、全然平気。

「おーーい。沙織~~~!」

ぼーっと眺めてる窓の向こうから、女の子が走ってくる。

珍子だ。

珍子は、この村で生まれ育った17歳の女の子だ。

中学を卒業して、家事手伝いをしている。

ニ、三度お見合いをしたそうなのだが、ブチ切れておじゃんになったらしい。

珍子の特技はブチ切れる事。

つい先日も、この村の副村長を決めるときに、17歳という若さで珍子は立候補した。

【もう、ブチ切れません】

を前面に押し出して、一時は本当に珍子が副村長になっちゃうんじゃないかと思うくらいの勢いだった。

・・ところがどっこい、終盤でとうとうブチ切れ、あげくには「忙しくなった」といって自分から辞退してしまうという始末。

そんなまったく先の読めないヤンチャガール(死語?)だが、なぜか憎めない子だ。

「珍子、今日も暇してるの?」

私はそういうと、かるく微笑んだ。

「うんうん。暇暇!散歩でもしよう!沙織。」

「もう!ちゃんと【さん】ってつけなさい! アナタより20くらい↑なのよ!」

「ケラケラケラ ごめんごめん。にゃん吉ファンクラブ。(意味不明)」

私はとりあえず一枚羽織り、外へ出た。

外の風は少し肌寒く、季節の変り行く寂しさを奏でているようだった。

私と珍子は、二人並んで外を散歩し、たわいもない話をする。

二人で暇を潰すときは大体がこうだ。

いつもの会話。

いつもの道。

いつもの景色。

まるで、ここに来てから一年半、

時間が経っていないかのような感覚に見舞われる。

そんな、いつもの道を折り返す時だった。

「・・ねえ、沙織。」

突然、珍子が立ち止まった。

「ん?どした?」

私は何かと思い、相槌を打つ。

珍子は、

「・・この先さ、この草分けて真っ直ぐ行ったら、実は道があるって知っでた?」

「・・え?そうなの?いや、ぜんぜん知らなかったよぉ。」

「・・見でみる?」

珍子の様子が何か変だ。

何か隠しているのだろうか?

でも、私はずっと同じ毎日を繰り返しているから、正直たまには変わった道を見てみたいと思った。

「・・そうだね。面白そう。 見てみたいわ。」

珍子は草を分け、私を先導してくれた。

しばらく草を分け進むと、目の前に本当に道が現れた。

「わぁ。 本当に道あるんだね!全然今まで気付かなかったぁ。」

私は、新しいものを発見した事でテンションが少し上がった。

ギッタン・・

バッタン・・・

その道をすこし行ったところに建物があるのが目に入った。

そこから、何やら音が聞こえて来る。

「珍子、あれ、何だろ?」

珍子は、

「あれね、なんか、肥料作っでるみたいだで。」

と言った。

「ふ~ん。」

私と珍子は、道を真っ直ぐに進んで行った。

途中、その建物を横目で見た。

木造だが、工場か何かだろうか?

なにやら、ミンチ肉のようなものが、その建物の脇からポタポタとこぼれ出ている。

「ねえ、珍子?あれ、お肉が出てきてるけど、食品かなにか加工するところじゃないの?」

そう聞く私に、珍子は

「いんや。あれは肥料だ。」

「でも・・肥料にしたら、まだ新しいお肉っぽいよ?あれ?」

「あれは食用じゃねえんだよ。 まずくて食えない肉らじい。」

「ふーん。」

意外と珍子、詳しいなと思いながら、私たちはその建物を超え、真っ直ぐと道を進んで行った。

「・・ん?」

目の前に、また建物が現れた。

白い建物のようだ。

その建物に向かいながら、珍子が口を開く。

「・・ねぇ、沙織、沙織は良いやづだ。だがら、今がらおもじろいモノ見ぜでやる。」

「おもしろいもの?何なに?」

「見でがらのお楽じみだ。」

好奇心は元々旺盛だった私。

メリハリのない毎日を、ここずっと続けていた私は胸がドキドキするこの感覚を忘れていた。

そうこうしてるうちに、私と珍子はその白い建物の前に着いた。

「ん、なんだこれ。」

その白い建物の上に、表札のようなものがあり、【達磨小屋】と書かれていた。

「ごごに、今はダルマさんがおるんだ。」

珍子はそういって、私の手を引いて建物の中に入った。

ドアを開け、 中に入り、ドアを閉める。

薄暗い廊下のようなところに出た。

目の前には、もゆひとつのドアがあった。

その廊下で珍子は、

「・・・沙織、お前はもう、この村の仲間だ。 仲間だがら、ここを教えた。

ぜってぇ、ここで見たものは誰にも言うんじゃねぇぞ?」

なにやら、少し嫌な予感はしたのだが、私は意を決して奥のドアを開けた。

ギィィィィ・・・・

・・・奥の部屋は、更に薄暗い部屋だった。

数台のテーブルがあり、私たち以外にも数人の人が、

それぞれテーブルにまばらに腰掛けて飲み物を飲んでいた。

(・・・一体、何がヒミツなんだろう・・・。)

とりあえず、珍子にリードされるがまま、私たちも空いているテーブルに座る。

そこで、私はあることに気付く。

座ってるほかの人たちは、ある一点を見ていた。

そしてあるものはニタニタと笑ながら飲み物を飲んでいる。

珍子も、同じところを見ていた。

私も、ソレを見た。

・・・

・・

なにやら、ステージのように前に置かれたテーブルの上に、ダルマの置物が置いてあるようだった。

(これの・・・どこがそんなに珍しいの・・?)

「沙織、何か飲むが?」

珍子に聞かれたので、私はトマトジュースを頼んだ。

珍子は店員さんを呼び、飲み物を頼んでくれた。

「いやぁ。また、元気無ぐなってきたなぁ。」

「・・え?そう?私は元気だけど・・・。」

そう相槌すると、珍子はさっきのダルマを指指した。

「違う違う。アレアレ。」

「・・え?」

私は、もう一度よく、そのダルマを見てみた。

・・・どうやら、ダルマはうごめくように少し動いている。

薄暗い部屋の中、私は目をこらして更に良く見てみた。

そしてすぐに目を逸らした。

(・・・あれ・・・人だ・・・)

それは、ダルマの置物なんかじゃなかった。

手と、足を切断された、

人だった。

苦しそうに、その【ダルマ】はうごめいていた。

「おまたせしました。 トマトジュースです。」

店員さんが持ってきたが、

あ ん な も の 見 な が ら 飲 め ねー っつー の

・・・【ダルマ】の声が・・うっすらと聞こえてくる・・

「く・・苦しい・・ 助けて・・ くだ・・ さい・・・」

昔聞いた事のあるような声・・・

私は耳を塞いだ。

(一体何なんだ・・ここは・・・。)

しばらくして、私と珍子は外に出た。

珍子が言うには、

ここは、悪い事をした人間が連れてこられ、見世物にされる小屋らしい。

この【ダルマ】の男も、殺人や暴行をした男らしく、ここに売られにきたらしい。

手足は、つれてこられたときから既に無かったらしい。

でも、それでも逃げようと元気だったから、昨日客の前で男性器を切り落とされたようで、

今日はグッタリしていたとの事だった。

帰りの道で、珍子は、

「・・沙織、絶対に、誰にもココの事言っちゃぁダメだよ。わがってるな?」

「う、うん。 っていうか言えない・・・。」

「そう言ってもな、たまに、言おうとする人がおるんよ。」

困ったような顔で、珍子はそういうと、例の【ミンチ肉】の建物を指差して、

「ま、沙織も肥料になりたくなかったら、ココの事は胸にしまっとけ。」

と言った。

(あの肉って・・・もしや・・・。)

私の心の負担レベルが6くらい上がった・・・。



ただ今オススメの人気動画 ► アダルト動画
ただ今オススメの人気動画 ► 一般動画

山本梓

芸能・アイドル・グラビア